『イベントはじめました』(神奈川)

JF協会 神奈川支部で活動されている高橋聖子さんからの報告です

『イベントはじめました』

足のケアが必要なのは、高齢者ばかりではない

フットに携わって、10年以上がたちました。前半は、高齢者をメインにひたすら爪と足に奮闘してきました。ようやく、どんな足が来ても対応できるようになった頃から、足のケアが必要なのは、高齢者ばかりではないことに気がつきました。

自分には必要ないと思っていませんか?

ある時、子供の足を見た際、子供の足のトラブルに驚かされました。足を調整すると子供は感覚で理解できますが、その子たちの親は、理解が今ひとつできません。それと同時に高齢者は理解できますが、家族の理解はなかなか得られません。どちらも同世代の人たちです。 
もっとフットへの理解を深めたいと思い、ターゲットの年齢層を、30代~60代の女性に変更しました。個別に見ていくと、年代に関係なく足はそんなに良くはないにも関わらず、自分には必要ないと思っている人が多いのです。巻き爪など爪が悪い人よりも、本人は自覚がないが、脚に不安要素がある人のほうが、意外とトラブルが多いことがわかりました。そのためには、もっと、ケアを試してみたいとか、ちょっと足を見てもらいたいと、思ってもらえるような敷居の低いものを考える必要性を感じました。

フットケアが生活の中に浸透してゆくように・・・

その事を自分が一緒に勉強している仲間に話をしたところ、賛同してくれる人たちがおり、異業種ながら、共同主催でイベントを立ち上げることになりました。ストーンあり、ヨガあり、カードあり、ファッションあり、物販あり、みんなそれぞれ自分の得意な分野を提供しています。訪れる人も来たついでにいろいろ体験して楽しんでくれています。仲間たちも徐々にフットの大切さがわかり、自分の周りにも口コミでフットケアの大切さを広めていってくれています。
今は、千葉と東京で月1回ずつ開催しています。今後は、他県にイベントを立ち上げ、フットを広めていこうと考えています。更にイベントの中でやるワークショップで、セルフケア講座を計画中です。身近にフットケアを感じて欲しいと考えています。フットケアが生活の中に浸透していくことが、今の私の目標です。

確かな知識と技術を習得した 爪切り屋メディカルフットケアJF協会 会員 メディカルフットケアワーカーが 全国11カ所の病院、20カ所のサロン・訪問でフットケアを提供しています。足の爪でお悩みの方はお近くの病院、サロンにご相談下さい。 健康で素敵な足を保てるようにお手伝いさせていただきます。