フットケアは「心のケア」そのもの・・・(福岡)

JF協会 九州(福岡)支部で活動されている溝口恵美香さんからの活動報告です。

福岡 ほほえみ

平成22年8月、体験教室で宮川先生に足浴をして頂きその後、拭き取り・タオルで足を包んで頂きました。私はそれだけで「この世界で私が一番幸せ・・・そしてタオル一枚ですべてのものを包み込んでしまう。すごい・・・。」今でもその衝撃は忘れることは出来ません。そして、飛び込んだフットケアの世界。

病院で経理事務として35年近く働いていましたが、医療については全くの素人。専門用語・体の仕組みさえ全く分からず教室ではいつも背中に汗を流していました。

それでも宮川先生・教室での仲間の人達に助けて頂き、平成25年12月に1級を取得。

令和1年11月上級取得。令和1年12月退職し 令和3年2月「フットケアサロンほほえみ」を開業致しました。

自宅の両親の部屋をそのまま利用、経費は最低限に押さえての開業です。

現在、施設2か所、在宅訪問2か所、自宅のサロンで6名程のケアを行っています。

全く知識の無かった私がサロンを開くなんて自分自身、本当に驚いていますが、足を触り綺麗になっていく爪を見ながら、語り合い心がほぐれ施術が終わった時にはお互い笑顔に・・・

宮川先生に教えて頂いたフットケアは、【心のケア】そのものだと感じている毎日です。

これから1人でも多くの方にフットケアの重要性を伝えながら、私自身のフットケアワーカーとしてスキルアップしながら頑張って行きたいと思っています。

お近くのJF協会認定メディカルフットケアワーカ情報は、こちらをご覧ください